ARCTIC NATURALのパートナー企業、Baikal Herb(バイカルハーブ)社について

ARCTIC NATURALのパートナー企業である、Baikal Herb(バイカルハーブ)社について、ご紹介します。

https://baikalherbs.ru/company/


同社は、地球上で最も美しく、深い淡水貯水池として有名なバイカル湖のほとり、東シベリアの中心に位置し、州で言えば、ロシアのイルクーツク州に所在しています。
ハマルダバンの古代の山々で育つ野生資源の収穫などが周辺で行われており、倉庫と物流施設を含む、1500平方の面積を誇ります。

シベリアおよび極東全土でビジネスを展開し、仲介業者を入れず、北極圏産自然食品を豊富に取り入れた製品の原材料の生産や天然植物の調達、研究、製品の製造、加工、包装を、全て独自で行っています。

f:id:AN_Media:20210413014648j:plain

この他、抽出、低温真空蒸発プラントなど様々なタイプの凍結乾燥、噴霧乾燥および充填のためのワークショップがあります。
凍結乾燥については、植物抽出物を製造するための技術プロセスを開発・実装し、様々な種類の乾燥の乾燥昇華水溶性抽出物を製造するための工場を開設しています。

専門は、特許取得済みのLiveExtracts®テクノロジー技術を駆使した、抽出物の製造です。
これは、バイカル湖のほとりに生息する植物からの生物活性物質の抽出を最大化するために、活用されている最新の装置です。
大量の活性物質を保存出来る「生抽出物」の調製が可能で、ハーブ抽出物の分野において、最新の世界品質基準を満たす製品の製造プロセスを開始しています。
生産施設の開設により、22カ国に植物製品を輸出することができ、需要にも対応。
2012年には、米国保社会福祉省からFDA(食品医薬品局)の登録を受け、製品の高品質を確認し、米国およびカナダ市場へと展開しています。
また、生物学的に活性な添加剤(BAA)としてChaga Extractの登録手続きを経て、世界のチャーガ市場に参入する企業においては、特に米国、日本、中国で先駆者となっています。

原材料からの有用な物質の抽出には、最も純粋なバイカル水が欠かせません。
また、植物から単離された純粋な物質の形で製品の開発を開始しています。
ロシアとシベリアの伝統的な生成方法に基いてハーブティーを製造し、ハーブ、ベリー、マッシュルームを加えたヘルシーなアロマナチュラルドリンクを製造しています。
5万点の品揃えを有しています。

また、革新と品質に焦点を当てた資格のある専門家を採用。

イカルハーブは、社名のごとく、忘れられていたハーブ療法の復活の原点に立つ企業です。30年間で、治癒の技術と方法を回復し、植物および真菌療法の新しいハイテクで効果的な製品を開発、市場に卸すことが出来ました。

健康を維持および改善するための製品と手段を確立することにより、これを達成するよう努めています。

生産にあたっては、野生で育つ医薬品原料の調達、加工、保管、最新の技術など、独自の知識を活かし、効果的な製品を生産しています。
原材料の要件適合性の調査から、完成品の有効成分の含有量の確認まで、製品の多段階チェックを実施し、製品の品質と高性能を保証します。

この他、2018年には漢方薬博物館の開館させ、訪れる人々の心を魅了しています。

漢方薬、泥療法、アロマテラピー、岩石療法の文化は、何千年も前のものですが、それらの多くは、科学が発達するにつれ、過去のものになりました。
こういった情報や、世界に類似物がない、いくつかのコレクションを博物館に保持しています。
博物館には、ロシアやシベリアのハーブを始めとする、アーユルヴェーダ、中国の民間療法、チベット医学、古代医学など7つの歴史的および文化的ゾーンがあります。

 

次は、製造現場についてご紹介します。
先にも述べたように、様々なタイプのプラントが稼働しており、これらは一部分です。

f:id:AN_Media:20210410014614j:plain

 

f:id:AN_Media:20210410014635j:plain

原材料は、自社のプランテーションで栽培しており、信頼出来るサプライヤーからのみ取引しています。

原材料の要件適合性の調査から、完成品の有効成分含有量の確認まで、製品の多段階チェックを実施しています。お客様には安心して製品を手に取っていただきたいという願いを込めて、製造しています。

 

 最後に、同社のCEOのご紹介です。

f:id:AN_Media:20210410022018j:plain

最高経営責任者(CEO) Pavel Khoroshutin

1991年、バイカルハーブ社のCEO、また、イデオロギーの起業家でもあるKhoroshutin Pavel Pavlovich氏は、野生植物の調達と加工のためのプロジェクトをコンセプトに開発を進め、ロシアとCIS諸国における薬用および技術的原材料の可能な産業ストックを研究するという目標を設定しました。研究に基づき、Pavel Pavlovich氏は、森林資源の合理的な使用の分野でプロジェクトを開発することを決定し、バイカルハーブ社を設立。同年は、野生の薬用植物の収集、調達、処理における会社の出発点になりました。現在も、効果的な調達技術の段階的な開発、原材料の乾燥と保管のための生産地域の計画を行っています。