菊が主人公、重陽の節句

f:id:AN_Media:20210809201408j:plain

9/9は、重陽節句です。
菊を楽しむ日です。

菊の花を飾ったり、菊の花びらを並べた菊酒を飲んだりして、不老長寿を願います。

五節句の1つで、平安時代の初期に中国から伝わりました。

古来中国では、奇数日が縁起の良い日とされており、3/3、7/7など奇数が重なる日を祝い節句としてきました。

日本では、菊の薬効により健康を願い、後の雛としてお雛様を飾ります。

重陽節句に食すものとしては、栗ご飯が代用的な食べ物です。

また、重陽節句の伝統行事「被せ綿」は、前日に菊に綿を被せて菊の露や香りを含ませ、翌朝その綿で身体を清める風習のことです。

被せ綿で身体を拭くことで長生きが出来ると伝えられています。

五節句の中で重陽節句は、最も盛んな行事であったようです。

秋の食材を並べ、お祝いするのが良いでしょう。

この機会に、菊酒、食用菊を使用したお浸しや天ぷらと言ったもの、栗ご飯、焼き茄子などで秋の味覚を楽しみましょう。

食用菊には、肩こりや冷えを改善する効能があるようです。
栗ご飯には、ビタミンC、ビタミンB1が多く含まれます。
美容に良く、疲労回復にも役立ちます。
また、鉄分、食物繊維、葉酸なども含まれます。

茄子の持つ食物繊維は、何ときゅうりの2倍です。
また、茄子の色素に含まれるポリフェノールは、アンチエイジングなどに効果的です。

長寿を祝う重陽節句にふさわしい食べ物ばかりですね。

夏に楽しむ家庭菜園

f:id:AN_Media:20210727235744j:plain

暑さ真っ只中、家庭菜園を楽しむ方も少なくありません。

ちょうど、秋冬野菜の種まき、植え付けなどを始める準備の時期にあたります。
プランターでの栽培が可能な野菜もあり、初めての方でもチャレンジしやすいのではないでしょうか。

この時期、種まきに最適な野菜をご紹介します。

まずは、ニンジン。

根菜類を育てる際は、土づくりが重要。
肥料の入れ過ぎによる、根分かれや土壌病害虫などの被害を防ぐため、しっかり準備しましょう。
堆肥を入れる場合は、臭くない完熟したものを使用してください。
種まきの1ヶ月前には、土になじませておくと良いです。

種まきは、深さ1cmほどの溝を作り、2、3mm間隔で筋まきをしていきます。

発芽の際に光を必要とし、土を被せすぎると発芽しないため、土の厚さには気を付けましょう。
5mmほど種が隠れて見えなくなる程度が良いとされています。

地中の水分を維持するため、覆土した後に土を押さえる鎮圧を行いましょう。

プラセンター栽培の場合は、種まきの前に水やりをして土を湿らせます。
そして、新聞紙を上に掛け、乾燥を防ぎます。
1週間後前後で発芽するため、それまでは水やりをせずにいましょう。

抗酸化作用を持つカロテンを多く含むニンジン。
その他、同時期にはキャベツ、レタス、じゃがいもなどの種まきも最適です。

家庭菜園とまでは言わず、もっと手軽に、簡単に栄養素を摂取したいと言う方には、弊社のチャーガカバノアナタケ ANがお勧めです。
抗酸化力が高い健康食品として人気があります。

是非チェックしてみて下さいね。
https://arcticnatural.com/ja/kinoko/9-kabanoanatake.html

 

相手を気遣う心、暑中見舞い

f:id:AN_Media:20210721002419j:plain

暑中見舞いと言えば、暑中見舞いのはがきだったり、贈り物を想像する人も少なくありません。

送る時期としては、梅雨明けから立秋前後と言われています。
立秋は、年度により異なり、今年2021年度は、8月6日がちょうどその頃です。

お中元とかぶる時期なので、物を贈ると同時にお手紙を添えるという方もいらっしゃるようです。

暑中見舞いの概念は、1年で最も暑い時期に送ることで相手を気遣うというもの。

お世話になっている方々、遠方に住む家族や友人などに向けて送る暑中見舞いですが、古くは大正時代より広まった​とされます。
現代にも受け継がれている暑中見舞いの風習、素晴らしいものですね。

この時期は、クーラーを使用する機会が増えることから風邪を引きやすく、居る場所により温度差が感じられ、体調管理が難しい時期でもあります。
相手を気遣うのみならず、是非ご自身も夏バテ、身体の冷えなどから身を守り、体調管理に気を付けましょう。

暑中見舞いの贈り物として人気なのは、元気が出そうな食べ物や癒しとなる食べ物、日常ですぐに使える食器など様々ありますが、お手紙を送られる場合は一工夫することで、相手にさらに喜んでいただけます。

具体的には、夏を感じさせるレターセットや、特別な切手を使用してみることです。

暑中見舞いの一環として、親しい方のお宅に訪問するというのもあります。
昨今の世界情勢により、気軽に訪問出来る時期ではまだありませんが、そんな中、お手紙を送ることで気持ちを通わせられたり、喜んでもらえたりと相手の心を温かくさせられるのではないでしょうか。

最適なものを選んでみて下さいね。

東京2020オリンピック開幕!!

f:id:AN_Media:20210707000255j:plain

明日7/23より、東京2020オリンピックが開幕します。

オリンピックとは、4年に一度開催される世界的なスポーツの祭典。

コロナ禍で開催されるかどうかが議論され続けてきましたが、様々な制限などはあるものの開催の運びとなりました。

食について、クローズアップして見たいと思います。

2012年に開催されたロンドン大会では、実に2443トンの食品が廃棄されました。
同大会、2016年開催のリオ大会においても食品ロスを減らすための取り組みが実施されており、フェアトレードやオーガニック食材の活用などもなされました。

食品ロスの削減を目指したものの、結果は、なかなか満足のいくものには至らなかったのです。

ロンドン大会を振り返ると、選手村では1日5回の食事が提供され、ある一定の時間で処分されるという仕組み。

今年の東京大会と比べると約8℃程東京が気温が高く、食の管理がさらに厳しい環境であると言えます。

予定では、選手やスタッフなどへ1日合計およそ59,500食が提供されるうち、45,000食が提供されるメインダイニングではビュフェスタイルで食事を提供されるとのこと。

東京オリンピック2020を前に、2018女子バレーボール世界選手権ラグビーワールドカップ2019で、食品ロス削減に効果的な啓発手法の検証が行われており、ビュッフェ会場に、食べ残しを警鐘するポスターやPOPを掲示することで、食べ残しの軽減に繋がったという結果に至っています。

世界各国から多くの人々が訪れるオリンピック。
オリンピックをきっかけに、改めて私たちの日頃の暮らしにおいて、適量を作る・売る・買う・食べるといったことを深く考えていくことが大切ですね。

七夕

 

f:id:AN_Media:20210701225204j:plain

日本には節供に旬のものを食すことで、邪気を祓ったり無病息災を願ったりする風習があります。

本日七夕の行事食は、そうめん。

このことはあまり知られていないかも知れませんが、何千年も前からそう決められています。

天の川に見立てて食べるという一説も有りますが、もともとは、七夕が中国から伝来した際に、共に言い伝えられた策餅(さくへい)がそうめんの起源というものです。

七夕に、短冊にお願い事を書くことで願いを叶えやすくするということから、短冊に願いを込めるといったことも知られていますが、実は、これらの短冊の色は、陰陽五行説に基づいており、紫(黒)、赤、白、黄、青(緑)の5色になっています。

5色にはそれぞれ意味があります。

紫(黒)・・・学業
赤・・・先祖や両親への感謝
白・・・規則や義務を守る達成
黄・・・人間関係
青(緑)・・・成長

例えば、紫の短冊であれば学業ですので、テストや受験がうまくいくようにとお願いをすることが出来ます。

こうやって見ていくと、古くからの慣習や伝統が今もなお受け継がれていることに、感謝ですね。

皆さんは、七夕の夜をどのように過ごされていますか?

素敵な夜をお過ごしくださいね。



父の日

f:id:AN_Media:20210619011044j:plain

6月20日は、父の日です ✨✨

日本では、毎年6月の第3日曜日が父の日。

母の日がカーネーションに対して、父の日は薔薇が代表的なお花。。
父の日の花というのは母の日の花に対して、あまり馴染みがないかも知れませんが、いずれも発祥はアメリカで、お花がこう決まっているのもアメリカ由来です。

世界で見ると、イギリス、中国が同じく6月の第3日曜日。
お隣韓国では父の日という日はなく、5月8日が両親に感謝を伝える日として制定されています。

また、台湾では、お父さんという意味の発音が似ていることから8月8日を父の日とし、ブラジルは8月の第2日曜日、オーストラリアは9月の第1日曜日、スウェーデンは11月の第2日曜日。
世界で異なる日に制定している場合もありますが、父の日はほとんどの国で存在しているようですね。

この日の過ごし方として、父と一緒にバーベキューをする、映画に行く、パブに行く、食事をする、服や日用品、宝くじをプレゼントするなど様々ですがどの国も過ごし方は似ているようです。

好みにも寄り個人差がありますが、日本では、プレゼントとしては、小物、飲食、スポーツグッズ、健康グッズ、癒しのグッズ、ケア用品などが好まれる傾向にあります。

皆さんは父の日をどの様に過ごされるか、また、プレゼントを考えている人は、何をプレゼントするかもう決めましたか?

まだ決められていないという方は、とっておきの健康食品が購入出来る
ARCTIC NATURAL
https://arcticnatural.com/ja/10-shoppu
がおすすめです。

1番人気は、チャーガエキスです。
抗酸化力が高く、免疫アップしたい方にお勧めです。

お金を沢山かけるかけないにこだわらず、気持ちがこもったものであれば、何でも喜ばれるのではないでしょうか。
1番は、感謝の気持ちが伝えられるといいですね。
普段なかなか言う機会は少ないですが、あらためて、ありがとうを伝えましょう。

素敵な1日をお過ごしください :)

おうち時間で楽しむ、こだわりのクラフトジュース

f:id:AN_Media:20210609023903j:plain

自粛期間が長引いていますが、皆さんはどのようなおうち時間をお過ごしですか?

おうち時間を楽しむために行っていることとして、「自炊をする」、「お取り寄せをする」、「飲み物を楽しむ」など、主に飲食を挙げる方が7割を超えるといったレポートがあります。

以前は外食をしていた人が積極的に自炊をし始め、外で買い物をしていた人がオンラインショッピングへと移行する、家で過ごす時間が増えたため、飲食を充実させるといった考え方から、コロナ禍において、新しい生活様式が定着しつつあります。

飲み物であれば、飲み物のクオリティーを上げる、バリエーションを増やす、普段飲めないようなものを家で作り、飲んでみるといった試みをする方が増えてきており、例えばクラフトビール=小規模な醸造所が作る多様で個性的なビールを始め、クラフトコーラといったクラフトドリンク、クラフトドリンクの中でも、素材選びや製法にこだわったドリンクが女性を中心に注目されています。

クラフトドリンクは、季節や地域の野菜や果物をベースとしたクラフトジュースが人気を博しています。

おうちカフェと称して、家庭でとっておきのドリンクを作る。またこれらは同時に自分のこだわった素材で手軽にビタミンを摂取でき、健康にも繋げやすいといった思考により飲用意向が高まってきています。

おうち時間が増え、時間の効率化が図れるというメリットが生まれた一方、運動不足が懸念されています。

そのため、今後も野菜や果物の栄養を簡単に取得出来るクラフトジュースなどを求める傾向は増加していくのではないでしょうか。

皆さんも是非、ご家庭でクラフトジュース作りにチャレンジしてみて下さい。