地域で異なる十日夜(とおかんや)の過ごし方。。

f:id:AN_Media:20211004223832j:plain

十日夜とは、旧暦10月10日に行われる稲の収穫祭のことを言います。

主には、群馬、埼玉、山梨、長野県にかけて行われる農村行事です。

この日、長野県の一部の地域では、葉付きの大根と餅とを箕(み)に載せ、庭上に神を祭ります。

埼玉県秩父では、9日を亥子(いのこ)の日と呼び、11日には亥子餅を亥の神に供え、外で男の子がわらの棒を持って土を叩いて、地中に潜るもぐらやねずみなどの農作物に害を及ぼすものを追い払い、五穀豊穣を祈ります。
わらでっぽうと呼ばれる風習です。

また、この日を十日夜の御祝いと呼ぶところがあり、十日夜は関西以西に分布する亥子の行事と同じで、田の神が田から家へ帰る日ともされています。

8月の十五夜、9月の十三夜、10月の十日夜の月を三月見と言いますが、十日夜はお月見をする行事ではありません。(厳密には、お月見をする地域もあるようですが。。)
そういったことから、11月10日に行うところが多いです。
伝統的な祭りの1つと言えます。

田の神が山に帰る日でもあります。
それまで田を守ってくれていたかかしを家に持ち帰り、長野の一部地域では、家でかかしにお供えをします。
稲刈りが無事に終わったことを感謝することから、刈り上げ十日、かかしあげとも呼ばれます。

行事食としては特にありませんが、収穫したものやぼた餅などの餅をお供えし、下げていただきます。
年の終わりに近づいた11月、一年間農作物の恩恵を受けることが出来たことに感謝し、山の神に想いを馳せて、いただきましょう。

タブー事としては、大根の年取りと呼ばれ、東北地方を中心にこの日は大根畑には入ってはいけないとされています。

長野や群馬県では、大根を田の神様へのお供え物にしています。

地域により、お祀りの仕方が異なりますが、大根畑の土の中にぼた餅を埋め、豊作祈願をするところもあるようです。

子供達が活躍することから、昔は農作業が一段落し、家族で楽しむ行事でもあったのかも知れません。

是非この日は、農作物を美味しくいただけることに感謝しながら、食べ物をいただきましょう。

 

獲れたてのかぼちゃは、3か月ほど寝かせよう。。

f:id:AN_Media:20210913214005j:plain

秋のビッグイベントと言えば。。。
「ハロウィン」

元々は、アメリカの民間行事ですが、現在では世界的に10/31はお祭り騒ぎのイベントと言えるのではないでしょうか。
コロナが流行る前は、毎年仮装した人が街に溢れていました。

かぼちゃの中身をくりぬき、ランタンとして家に飾ったり、子供達は仮装して、子供達は、トリック・オア・トリートと唱えながら近所の家々を周り、お菓子をもらったりといった風習で知られています。

玄関のライトを点けている、または、家をハロウィンで飾っている場合、訪問しても良いという合図になっているのだとか。。

この日は、子供達に家を訪問されることが分かっているため、大人達はあらかじめ、沢山のお菓子を用意して待っています。

欧米では、地域の大人と子供の交流の機会となっているようです。
日本で同じことを実現しようとすると、今となってはなかなか難しいかも知れません。

でも、大人と子供が交流出来る機会は日本にも様々ありますね。
その国の文化や伝統、風習などを、大人から子供に継承する機会は、今後も大切に繋いでいきたいですね。

さて、かぼちゃですが、悪い霊を怖がらせて追い払うことから、怖い顔でくりぬきます。
それをハロウィンの晩に、家の戸口の上り段に置きます。
海外小説から、ハロウィンにかぼちゃがシンボルとなったようです。

かぼちゃには、ほぼ全必須ビタミン類が豊富に含まれており、緑黄色野菜として分類されます。
βカロテン、不飽和脂肪酸、ミネラル、たんぱく質なども含みます。

かぼちゃの旬は、秋から冬です。
収穫は、真夏から初秋にかけて行われます。

今からがさらに美味しさを感じる季節となりますので、是非おうちで食してみてください。

収穫は夏からですが、獲れたてのかぼちゃは水分が多く、糖分が少ないです。
3か月ほど寝かせることで、でんぷんが糖となり、甘みが感じられるかぼちゃとなります。

そのため、今からがより美味しくなるという訳です。

食欲の秋がやって来ました!

f:id:AN_Media:20210904011934j:plain

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋と実りの秋がやってきました。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

おうち時間を有意義に過ごすために、普段外で食べるものを家庭でのんびり作ってみる、贅沢なフルーツでジュースを作るという方が増えているようです。

秋に旬を迎える野菜は、根菜類、イモ類、葉物、南瓜、ブロッコリー、カリフラワーがあります。
一般的には、食卓にきのこ類が並び始めると、より秋を感じさせますね。

きのこと言えば。。
弊社では、チャーガカバノアナタケ ANを販売しています。
https://arcticnatural.com/ja/mushrooms/9-15-chaga-4582542620015.html#/2-goods_type-/35-weight-30_g

抗酸化力が優れており、免疫力の向上に期待が出来ます。
季節の変わり目で、風邪を引きやすい方などには特にお勧めです。
また、天然メラニンが豊富で、美容にも役立ちます。

それ以外にも、健康維持のお供にぴったりのアイテムです。
健康が気になる方は、是非、チェックしてみて下さい。

秋のお野菜は、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富です。
弊社のチャーガエキスはスティックタイプだから、1本で手軽に栄養素が摂取出来ます。
お茶にまぜても、料理にまぜても良いんです。

寒い冬はもう、すぐそこまで来ています。
今のうちから、体調管理をしっかりして、免疫を上げていきましょう。

これから訪れる冬に備えて。。。

f:id:AN_Media:20210920150426j:plain

11/7は、立冬です。

11月上旬なのに、もう冬の始まり??と言いたくなるかも知れません。。

立冬は、その時期の旬物を食して栄養補給しようという意味合いがあります。
そういう意味では、それにならって冬支度に備え、旬物を食卓に並べるのも良いですね。

旬物と言えば。。

大根、白菜、ほうれん草、さつまいも、山芋、銀杏、春菊、かぼちゃ、レンコン、生姜、サンマ、牡蠣、りんご、柿、梨など様々挙げられます。

どれもビタミンやミネラルが豊富です。
これらの食材であれば、鍋、茶わん蒸し、サラダなど様々活用出来そうですね。

生姜であれば身体を温めてくれ、またレンコンであればビタミンが豊富であることから、季節の変わり目で風邪を引きやすいこの時期にはピッタリだと言えます。

お鍋としても美味しい牡蠣は、ビタミンB12や鉄分が豊富です。
貧血になりやすい方や、疲労を感じられる方は、予防や回復を助けます。

立冬は、毎年11/7と決まっているわけではないですが、毎年11/7頃です。
11/22からは小雪に変わります。
そして、12/6からは大雪と、1年を二十四節気で分け、それぞれ呼び方が異なります。

皆さん、何か冬支度の準備は始められましたか?

今年は雨が多かったことから、お野菜は高騰傾向にありましたが、旬の時期に旬のものを食せるのは、農家の方のおかげでもありますね。
食される際は、感謝の心を忘れないでいましょう。

栄養豊富な美味しいものを食べ、免疫力をつけて、これから訪れる冬を乗り越えていきましょうね。

一年で最も美しい月が見られる十五夜

f:id:AN_Media:20210823133532j:plain

今日は、十五夜です。
大変美しい月が見られる中秋の名月を鑑賞しつつ、収穫などに感謝をするという風習です。主に秋の収穫物に対しての感謝で、別名「芋名月」とも呼ばれます。それ故、さつま芋、里芋などをお供えします。
十五夜は、旧暦の8月15日の月を指します。よって、お月見をする旧暦8月15日の十五夜中秋の名月は同じです。
十五夜と言えば、ススキ。秋を代表する植物の1つですね。
ススキは、月の神様の依り代と考えられています。本来は、実りを象徴する稲穂をお供えしたいところですが、稲刈り前なので、ススキが活用されます。
ススキの切り口が鋭いことから、魔よけになると考えられており、お月見の後は、軒先にススキを飾ります。
そして、お月見に必須な月見団子は、十五にちなんで15個、または、その年の満月の数をお供えします。お月見をした後は、月に感謝をしながら、一緒にお供えする旬の野菜や果物をいただきましょう。お供えしたものをさげていただくことで、神様との結ぶ月が強くなると考えられています。ただ、苦手な方は、丸いどら焼き、おまんじゅうなどをいただく方もいらっしゃるようです。 料亭などでも行われる、月見の宴。こんなご時世ですから、おうちで、お部屋の照明を暗くして和ろうそくやキャンドルを灯し、月の明かりを頼りに月うさぎを探したり、食事や晩酌をしたり、ロマンチックに素敵な夜を過ごされるのも良いでしょう。
素敵な夜をお過ごしくださいね。

菊が主人公、重陽の節句

f:id:AN_Media:20210809201408j:plain

9/9は、重陽節句です。
菊を楽しむ日です。

菊の花を飾ったり、菊の花びらを並べた菊酒を飲んだりして、不老長寿を願います。

五節句の1つで、平安時代の初期に中国から伝わりました。

古来中国では、奇数日が縁起の良い日とされており、3/3、7/7など奇数が重なる日を祝い節句としてきました。

日本では、菊の薬効により健康を願い、後の雛としてお雛様を飾ります。

重陽節句に食すものとしては、栗ご飯が代用的な食べ物です。

また、重陽節句の伝統行事「被せ綿」は、前日に菊に綿を被せて菊の露や香りを含ませ、翌朝その綿で身体を清める風習のことです。

被せ綿で身体を拭くことで長生きが出来ると伝えられています。

五節句の中で重陽節句は、最も盛んな行事であったようです。

秋の食材を並べ、お祝いするのが良いでしょう。

この機会に、菊酒、食用菊を使用したお浸しや天ぷらと言ったもの、栗ご飯、焼き茄子などで秋の味覚を楽しみましょう。

食用菊には、肩こりや冷えを改善する効能があるようです。
栗ご飯には、ビタミンC、ビタミンB1が多く含まれます。
美容に良く、疲労回復にも役立ちます。
また、鉄分、食物繊維、葉酸なども含まれます。

茄子の持つ食物繊維は、何ときゅうりの2倍です。
また、茄子の色素に含まれるポリフェノールは、アンチエイジングなどに効果的です。

長寿を祝う重陽節句にふさわしい食べ物ばかりですね。

夏に楽しむ家庭菜園

f:id:AN_Media:20210727235744j:plain

暑さ真っ只中、家庭菜園を楽しむ方も少なくありません。

ちょうど、秋冬野菜の種まき、植え付けなどを始める準備の時期にあたります。
プランターでの栽培が可能な野菜もあり、初めての方でもチャレンジしやすいのではないでしょうか。

この時期、種まきに最適な野菜をご紹介します。

まずは、ニンジン。

根菜類を育てる際は、土づくりが重要。
肥料の入れ過ぎによる、根分かれや土壌病害虫などの被害を防ぐため、しっかり準備しましょう。
堆肥を入れる場合は、臭くない完熟したものを使用してください。
種まきの1ヶ月前には、土になじませておくと良いです。

種まきは、深さ1cmほどの溝を作り、2、3mm間隔で筋まきをしていきます。

発芽の際に光を必要とし、土を被せすぎると発芽しないため、土の厚さには気を付けましょう。
5mmほど種が隠れて見えなくなる程度が良いとされています。

地中の水分を維持するため、覆土した後に土を押さえる鎮圧を行いましょう。

プラセンター栽培の場合は、種まきの前に水やりをして土を湿らせます。
そして、新聞紙を上に掛け、乾燥を防ぎます。
1週間後前後で発芽するため、それまでは水やりをせずにいましょう。

抗酸化作用を持つカロテンを多く含むニンジン。
その他、同時期にはキャベツ、レタス、じゃがいもなどの種まきも最適です。

家庭菜園とまでは言わず、もっと手軽に、簡単に栄養素を摂取したいと言う方には、弊社のチャーガカバノアナタケ ANがお勧めです。
抗酸化力が高い健康食品として人気があります。

是非チェックしてみて下さいね。
https://arcticnatural.com/ja/kinoko/9-kabanoanatake.html